あいおいニッセイ同和損保 MS&AD INSURANCE GROUP
ペーパーレス保険証券・Web約款 :お客さまのパソコンやスマートフォンなどからいつでも「ご契約内容」、「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」等を閲覧できます。ペーパーレス保険証券・Web約款の選択は、環境保護や寄付などの社会に「優しい」活動(社会貢献活動)につながります。
TOPペーパーレス保険証券・Web約款を「知ろう」ペーパーレス保険証券・Web約款を「体験」しようペーパーレス保険証券・Web約款で「社会貢献」しよう
ペーパーレス保険証券・Web約款で「社会貢献」しよう
ペーパーレス保険証券・Web約款を選択されると環境保護活動や東日本大震災の被災地支援活動などに貢献できます!
お客さまがペーパーレス保険証券・Web約款を選択された件数に応じて、各地域のNPO団体や地方公共団体等へ寄付を行っており、地域に根差した環境保護活動に役立てられています。

2017年7月末現在

今までにペーパーレス保険証券・Web約款を選択していただいた件数

31,792,443 件

主な寄付先   ※2018年8月現在のものです。寄付先は予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。

日本ユネスコ協会連盟

日本ユネスコ協会連盟」は“すべての子どもたちが安心して学べる環境をつくることこそが、平和な社会づくりの基礎”と考え、被災した子どもたちの教育環境を整えるための活動に取り組んでいます。当社の寄付は、 東日本大震災による家屋流出や失業などで、著しく経済状況が悪化し、就学困難となった子どもたちを支援する「ユネスコ協会就学支援奨学金」に役立てられます。

日本ユネスコ協会連盟の作成するレポートに当社の取組みが掲載されています。
活動レポート2016 東日本大震災教育復興支援レポート2016
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

more trees

寄付先はフィリピンの森林プロジェクト
フィリピンは森林荒廃が深刻で、20世紀初頭には国土の70%を占めていた森林が、2005年にはわずか24%にまで減少しています。日本は戦後間もないころよりフィリピンからの木材輸入を開始し、同国の木材資源の枯渇が深刻化した1980年代に至るまで、同国の森林資源に大きな影響を与えてきました。そうして日本の発展に深くつながってきたフィリピンの森への恩返しの意味も含めて、一般社団法人more treesはNGOコンサベーション・インターナショナルとともにフィリピンでの森林再生プロジェクトに取組んでいます。
植林の対象地
今回プロジェクトによって植林の対象地となっているのは、ルソン島北部キリノ州の荒廃地。その面積は約180haで、東京ドームおよそ40個分の広さに相当します。
この地域一帯はフィリピンに生息する生物種の45%が生息しているといわれています。その生態系の保全のため、本プロジェクトは在来種を中心とした植林を行い、その後も適切な森林管理を推進することで、生物多様性の保全にも貢献します。
一方で、この地域の約半数の世帯が年間1,000ドル〜2,000ドルで生活しています。この森林プロジェクトでは果樹も同時に育てることで、収穫した果実の販売による現金収入の機会を創出するなど、地域の貧困削減も目指しています。
本プロジェクトは、温暖化の原因となる二酸化炭素削減と同時に、地域社会および生物多様性など様々な面で大きな効果をもたらすとして、CCBスタンダード*による「ゴールド認証」を取得しています。
*CCBスタンダード:climate change(気候変動)、community(地域社会)、biodiversity(生物多様性)の各分野における効果を第三者の認証によって評価する国際基準。
[ 植林予定地 ]
●一般社団法人moretreesに関する詳細はこちら→ http://www.more-trees.org

LIFE311

木造仮設住宅を被災地に〜「LIFE311」の取組み〜
LIFE311は一般社団法人more treesが中心となり、運営する被災地支援プロジェクトです。LIFE311では被災地周辺の地域産材を活用し、地域の工務店が主体となった木造仮設住宅の建設を推進していきます。取組みを通じて被災地に雇用を生みつつ、住まいを提供していくことを目指すプロジェクトです。
木造仮設住宅の意味
地域の木材をふんだんに使った仮設住宅は、木材の持つ断熱性と調湿性により、一般的な仮設住宅よりも夏は涼しく、冬は暖かく過ごせ、結露の心配も軽減できるという特徴を持っています。木造仮設住宅は木の持った能力をうまく生かすことで、より快適な空間になるといえます。
また、使用した木材は仮設住宅としての役目を終えた後も、次の仮設住宅もしくは一般の建設資材等として再利用することもできます。最終的には砕いて処理すれば、燃料として使用でき、無駄なく活用することができます。
プロジェクトの支援地域
現在プロジェクトの支援地域となっているのは岩手県住田町です。住田町では津波の影響もなく行政機能が震災前とほぼ変わらないため、地元主体の取組みが可能です。以前から森林・林業に積極的なこの町は、被災地となった陸前高田市や大船渡市とも隣接し、文化的にもつながりを持っているため被災地支援のためにいち早く行動し、積極的に仮設住宅設置の取組みを推進してきました。

地域NPO団体・地方公共団体

当社では、地域社会とのつながりを大切にする「地域密着」を行動指針の1つとして掲げています。ペーパーレス保険証券・Web約款を選択されたご契約を取扱う営業課支社の所在する地域で活動するNPO団体や地方公共団体に寄付をし、地域に密着した環境保護活動に貢献します。
活動内容は、2017年7月現在のものです。寄付先は予告なく変更する場合があります。
ご了承ください。
活動内容につきましては、NPO団体から提出していただいた内容を記載しております。

北海道・東北

団体名 都道府県 活動内容
特定非営利活動法人ezorock 北海道 近年、北海道においても高齢化などの影響により環境保全や地域づくりの担い手不足が深刻な課題となってきています。当団体では、北海道各地のNPO、自治体などと連携し、活動現場と、都市部の青年層をつなぐコーディネート役を中心に活動を実施。日本最大の国立公園「大雪山国立公園」における自然保護活動や、未活用の木材を薪に加工する取り組みなどがあり、課題の改善と、次世代の育成を担っております。   
特定非営利活動法人北海道グリーンファンド 北海道 北海道グリーンファンドは原発も地球温暖化もない未来をめざして、以下の3つの事業活動を柱に活動しています。
@ グリーン電気料金基金:毎月電気料金の5%を市民共同発電所づくりのため基金に積み立てる制度です。
A 市民風車づくり:グリーン電気料金基金をベースに、未来の環境づくりの実践として、また利益を地域に還元、循環することで地域の活性化に貢献する取り組みの実践をしています。
B 省エネルギー・自然エネルギー普及啓発活動:セミナー開催、小中学校の環境教育支援、保温調理講習会などエネルギーについて考え、実践する場をつくっています。
特定非営利活動法人 青森県環境パートナーシップセンター 青森県 青森県及び青森市から地球温暖化防止活動推進センターの指定を受けて活動しています。一般市民向けの普及啓発活動や小学生各学年に合わせた環境学習講座等、草の根の活動から、著名人を招いてのフォーラムや、誰でも参加でき、学べる環境フェア等のイベント開催まで、さまざまな活動をしています。
特定非営利活動法人ECOリパブリック白神 青森県 当法人は、「白神」をメインテーマに、白神山地をフィールドにした親子自然体験プログラムや、「ブナの絵手紙ワークショップ」・「親子でそば打ち体験」など白神に因んだワークショップ、また、ペットボトルのキャップを回収してリサイクルし、CO2の削減を図ると共に、資源化代金の寄付を白神山地の環境保全等に活用するエコキャップ回収事業などを実施しています。
紫波みらい研究所 岩手県 「100年後の子どもたちのためによりよい紫波を!」を活動目的とし、町内に暮らす人と人、人と食べ物、人と自然などの関わりを見直し、町内外の人々と広く連携しながら、次の世代、その次の世代の子どもたちによりよい紫波を引き継いでいくことをめざしています。
いわて森林インストラクター会 岩手県 いわて森林インストラクター会は、主に岩手県内の森林インストラクター資格を持つ会員が、森林・林業及び山村に対する国民の理解の増進に寄与することを目的として活動しています。 会員の得意分野は林業・自然観察・野外活動・登山・木工・ネイチャークラフトなど多岐に渡り、それぞれのフィールドで活動をするとともに、会として復興支援活動や、要請に応じて講師の派遣、イベントでの体験プログラム提供なども行っています。
特定非営利活動法人 遠野エコネット 岩手県 当会は民話のふるさとである岩手県遠野郷の自然環境を後世に残し伝えることを目的に、森林整備の過程でできる間伐材を薪や炭などに活用する「薪の駅プロジェクト」、遠野郷の水源地を森に再生させる「水源の森づくりプロジェクト」、子ども達の自然体験をする機会を作る「夏のエコキャンプ」、猿ヶ石川を豊かな生き物に満ちた川として再生する「猿ヶ石川再生プロジェクト」、田瀬湖に溜まるゴミを拾い川柳を詠む「ごみ川柳大会」の運営を行っています。
ACT53仙台 宮城県 環境を考えた買い物や暮らし方を提唱するグリーンコンシューマー活動、もったいない市や布のリユース・リサイクルの活動、環境教育活動などに25年以上にわたって取り組み続けています。
特定非営利活動法人はちろうプロジェクト 秋田県 NPO法人はちろうプロジェクトは、秋田県八郎湖流域において、環境学習、八郎湖と住民をつなぐ流域ネットワーク構築、社会起業家の育成などの事業を通じて、未来の八郎湖再生を担う人材を育成することを目的として活動しています。
特定非営利活動法人 白神ネイチャー協会 秋田県 「白神山地 山の森 海の森 二ツ森づくり」を合言葉に秋田県八峰町において100年構想で植樹活動を行っています。協会主催の植樹では、全国からボランティアの参加者を募り2000年(第1回)から2016年(第16回)までに、約7,300本のブナ等の広葉樹を植樹。また他団体、地元小中学校の植樹協力(指導)も行っています。白神山地において「山の森」を復元する事により、地域のシンボル魚ハタハタが産卵するふ化する藻場の「海の森」の再生につなげ、良好な環境を次世代へ継承する事を目的として活動を行っています。
美しい山形・最上川フォーラム 山形県 最上川をはじめとする県内河川の恵みにより生活や産業が営まれ、豊かな自然や特色ある文化が育まれています。このかけがえのない宝を次世代に繋げていくために@美しく豊かな水環境を守り育てるAゴミを減らし捨てさせない社会の仕組みをつくるB地域の文化を見つめなおし未来に活かしていくC最上川を地域経済の活性化に活かしていくことによる「美しい元気な山形づくり」推進活動に取り組んでいます。
NPO法人 美しいやまがた森林活動支援センター 山形県 私たちは、森林地域と都会の交流を促進し、森林の生態や林業などの公益的機能を知らせます。森林の不思議さや楽しさを『感じる』ことを通して伝えます。 森と人をつなぎ、森の技を伝承し、自然と共存する持続可能な生活を体験活動として伝えます。
NPO法人いわき環境研究室 福島県 【1】地域環境についての調査研究及び政策提言事業 〜
@市内河川の水環境に関する調査活動。 A環境学習のための自然エネルギー学習施設の建設・運営。 B環境関連の研修会・見学会の参加・企画。
【2】地域環境についての教育支援事業 〜
@小中学校・高校等での河川環境・自然エネルギー学習支援活動。 A小学生対象の「夏休み理科自由研究」の支援講座の実施。
【3】地域環境を改善するための諸活動事業 〜 @農村水環境学習支援。 A関連団体との連携事業。
NPO法人苧麻倶楽部 福島県 昭和村は、福島県会津地方のほぼ中央に位置し、四方を標高1000mほどの峰々に囲まれた、今なお豊かな自然が残る美しい村です。「昭和村を元気にしたい!」との趣旨に賛同する有志らによって、2007年、地域課題の解決を図る目的のNPO法人苧麻倶楽部が設立されました。人と人を、都市と村とを、結びつける事業や、都市の人も村の人も、みんなが笑顔になってくれる事業を展開しています。

ほかの地域を見る

関東

団体名 都道府県 活動内容
認定NPO法人 宍塚の自然と歴史の会 茨城県 茨城県土浦市宍塚には、ため池を中心に雑木林などが囲むように広がる100ヘクタール、つくば市側の天王池を含めると約200ヘクタールの里山があります。 東京から筑波山の麓までで最も広い里山です。周囲には宍塚古墳群や国指定の上高津貝塚に代表される遺跡群も豊富に点在し歴史的にも大切なところです。私たち宍塚の自然と歴史の会は1989年の発足以来、開発計画もあるこの貴重な里山を子ども達に手渡すための活動を続けています。
特定非営利活動法人 うしく里山の会 茨城県 うしく里山の会は、牛久ならびにその周辺地域を主な対象として「自然と人が調和した美しい環境を保全し、未来に引き継ぐ」ために、地域住民主体の環境改善活動・支援に関する事業を行い、豊かな里山の環境づくりに貢献することを目的として活動しています。その達成するため、里山の環境保全活動や身近な環境調査、環境教育活動を中心に事業を展開しています。
公益社団法人茨城県緑化推進機構 茨城県 緑の募金活動を行い、緑化思想の普及啓発として茨城県内で緑化拠点(地域植樹祭の開催)の整備や、次代を担う子供たちの森林環境教育(子どもの森づくり、緑の少年団活動、森林・林業体験学習事業の実施)設置された民有林の整備促進のため、森林ボランティアの育成などを行っています。
森のボランティア茨城 茨城県 ひたちなか市多良崎城址公園の森の整備を行っています。
「市町村支援プログラム」を発表し、市町村に対し森林ボランティアの育成と連携を提案しています。
県内を5地域に分け、森林ボランティア育成講座を開催しています。
特定非営利活動法人 トチギ環境未来基地 栃木県 若者のチームによる長期間滞在型(3ヶ月間)の環境保全プログラムを開催し、荒れた里山や森林、竹林の整備を行っています。人手不足の中山間地域に汗を流して活動できる若者たちがいつもいる、という仕組みの構築を図っています。また、長期間活動する若者たちが中心となり都市部の企業、ボランティア、若者自立支援団体の若者など多様な人たちの里山保全活動の機会もつくっています。
NPO法人 足尾に緑を育てる会 栃木県 足尾銅山の影響により荒廃してしまった山々に木を植える活動を続けています。毎年春には植樹デーを開催、また小学校を中心とした植樹活動を支援する体験植樹を行っています。足尾の荒廃地が森林になるには、まだまだ長い年月が必要です。次世代へと引き継ぐ継続した活動を目指しています。
特定非営利活動法人ふるさと未来Sou(エコ・ハウスたかねざわ) 栃木県 平成28年度より高根沢町より2期目5年間の「指定管理者」の指定をいただいて、環境学習施設の管理・運営を行っております。内容としては、リサイクルショップ運営、環境体験教室(マイ箸づくり、マイプレートづくり)、自然体験活動、リユース食器・食器洗浄ユニットの貸し出し、資源ごみの回収などを行っております。また、町内および近隣市町村の教育機関等に出向き、環境教育も実施しております。
オオタカ保護基金 栃木県 オオタカ保護基金は、オオタカをはじめとする猛禽類の調査研究や保護活動を通じて、生態系の保全や持続可能な社会の実現を目指すNPOです。栃木県北部の那須や那須野ヶ原ではクマタカやオオタカを中心に、東部の喜連川丘陵ではサシバを中心に活動を行なっています。
公益財団法人尾瀬保護財団 群馬県 この団体は、尾瀬地区において利用者に対する自然への理解を深めるための解説活動及び適正利用に関する普及啓発を実施することにより、利用者自らの適切な行動を促しその自然の活用を図るとともに、各種環境保全対策、公園利用施設の管理運営、調査研究及び顕彰活動等を推進し、国、地方公共団体及び民間団体等が行う施策と協調しながら、尾瀬のすぐれた自然環境の保全を図ることを目的に、主に次の活動を行っています。
 ・利用者啓発事業
 ・自然解説事業
 ・環境学習推進事業
 ・指導者の養成
 ・環境保全事業 など
特定非営利活動法人ぐんま緑のインタープリター協会 群馬県 この団体は、森林や緑、水、自然に対する幅広い知識や技術を習得し、人と自然との掛け橋ともいうべき緑のインタープリター(解説者・通訳者)として活動することにより、人と自然の共生・循環型社会創造に寄与することを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・自然観察
 ・環境学習
 ・体験教室
 ・環境指導者養成事業
 ・里山の森の整備 など
特定非営利活動法人天覧山・多峯主山の自然を守る会 埼玉県 この団体は、天覧山・多峯主山を中心とした飯能市の歴史、文化、自然環境を保全し、後世に伝えていくことを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・自然環境(東谷津)の保全事業
 ・自然環境の調査研究事業
 ・自然環境保全にかかる普及啓発事業
 ・里山文化の再生・創造事業 など
特定非営利活動法人つるがしま里山サポートクラブ 埼玉県 この団体は、市内及び近隣地域に残された樹林地(以下里山という)の保全・回復活動を通して、会員相互の親睦と良好な里山を未来に継承することにより、市民だれもが健康かつ安心して生活を継続できるまちづくりを推進していくことを目的として、主に次の活動を行っています。
 ・市民の森の維持管理
 ・子どもを対象とした体験教室
 ・里山を生かしたリクレーション活動
 ・里山調査・保全活動 など
特定非営利活動法人環境ネットワーク埼玉 埼玉県 この団体は、埼玉県内の県民、事業者、行政機関と連携して、地球温暖化防止などの環境保全活動を推進することにより、将来にわたり持続可能な循環型社会の構築に寄与することを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・エコライフの推進
 ・地域における地球温暖化防止活動促進事業
 ・創エネ・省エネの普及啓発
 ・指導者育成
 ・調査研究・情報提供 など
特定非営利活動法人エコ.エコ(エコドットエコ) 埼玉県 この団体は、里地・里山の生態系の保全・再生等、自然豊かな地域循環型社会の実現を目指し、多くの人に自然の仕組みを尊重する働きかけを行うことを目的として、主に次の活動を行っています。
 ・見沼湿地他保全活動
 ・民家園地の保全活動及び原風景を再現する事業
 ・里山再生
 ・動植物調査
 ・自然観察会
 ・環境講演会
 ・生態系の展示及び写真展 など
市原米沢の森を考える会 千葉県 米沢の森は豊かで美しい里山でしたが、一時は想像できないほど荒廃し枯死状態の森でした。地元の仲間たちが許可を得て市道・赤道、古道(約12キロ)を遊歩道として活用し、山桜などの巨樹・古木を保全してきました。最近は範囲を拡大し内田の森“として「自然を守れば、自然に守られる。」をモットーに、森の最高峰からの景観整備や古道の石仏を調査・整備をしながら谷津田の再生も進めて里山の歴史や文化を後世に引き継ごうと活動しています。
NPO法人四街道メダカの会 千葉県 水辺を中心とした里山自然の保全と、貴重種となったメダカの繁殖・保護を行っています。合言葉は「とりもどそう!生きものの”にぎわい”がある自然環境を」。そのため、定期的な河川調査や行政・他団体とともに「たろやまの郷(5.8ha)」を作り、里山の維持管理を行っています。自然は、特に子どもたちにとって貴重なものです。学校のメダカ学習を支援し、幼児・子どもの団体と連携を深め、多くの子どもたちが自然の中で過ごし遊ぶお手伝いをしています。
特定非営利活動法人手賀沼トラスト 千葉県 この団体は、手賀沼を中心とする周辺地域に対して、地域住民や土地所有者の理解と協力を得ながら、樹林地、水辺、農地や史跡などを保全し、市民と自然とのふれあいの場の提供、有機(生態系)農業の体験、教育・普及活動、耕作放棄地や遊休農地の再生による地域の活性化、生活文化や芸術活動を通して、手賀沼周辺の優れた景観や自然環境を守り、人と自然が共生する、豊かな潤いのあるまちづくりの推進に寄与することを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・樹林地、史跡、水辺等の環境保全及び自然体験活動
 ・有機(生態系)農業の体験・普及事業
 ・子どもの健全育成を図るための食育及び農業体験活動
 ・耕作放棄地の再生、遊休農地の活用等農地保全事業 など
認定特定非営利活動法人行徳野鳥観察舎友の会 千葉県 この団体は、水鳥をはじめとする多くの野生生物が生息できる湿地環境の保全と復元を理念とし、自然とふれあう機会を提供し、自然保護の意義と知識の普及啓蒙をはかり、野生生物の生息環境の保全と復元のための事業を実施するなど、自然環境の保全をはかることを目的として、主に次の活動を行っています。
 ・行徳野鳥観察舎の来館者への案内や解説
 ・新浜定例自然観察会の実施
 ・江戸前干潟研究学校の実施
 ・傷病野生生物の保護および救護活動
 ・行徳鳥獣保護区の野生生物の生息環境の改善活動
 ・野生生物についての調査および研究 など
認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK 東京都 自然と向き合う知恵と技を学び伝える場を提供し、都市と農山漁村の循環と世代をこえた人々のつながりを取り戻すことを目的として、1998年に大学生協の呼びかけにより設立されました。森林保全活動として、国産間伐材製「樹恩割り箸」の普及推進や森づくり体験プログラム「森林の楽校(もりのがっこう)」(全国16ヶ所)、「森林ボランティア青年リーダー養成講座」(東京、関西)などを開催しています。
特定非営利活動法人ipledge(アイプレッジ) 東京都 この団体は、次世代を担う青年層を対象に、多様な価値観に触れる機会の提供や、社会問題解決の実践を通して、それぞれの自発性を引き出し、社会の課題解決に青年層が自ら参加する持続可能な社会を実現することを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・青年層の環境保全と社会参加行動を促進する事業
  −ごみゼロナビゲーション(ごみの削減の仕組みづくり)
 ・青年層の人材育成に関する事業
  −LiFE BUFFET(若者によるトークイベント)
  −i.turn(暮らしのワークショップ)
 ・マイ食器、マイボトルの使用の推進
特定非営利活動法人持続可能な環境共生林業を実現する自伐型林業推進協会(自伐協) 東京都 この団体は、持続可能な環境共生林業を実現する自伐型林業を推進することを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・技術向上や経営力をつける現場研修
 ・全国の民間団体や自治体への普及啓発、事業協力
特定非営利活動法人足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ(足温ネット) 東京都 この団体は、気温上昇や異常気象の頻繁化など気候変動によって地球上の全ての生態系に深刻な影響を及ぼす「地球温暖化」問題に対し、この原因が人間の産業経済活動や生活によって排出される二酸化炭素等の温室効果ガスであることに鑑み、その排出削減を市民が地域レベルから取り組むことにより、持続可能な地域社会の実現に質することを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・省エネアクションプランの作成とキャンペーン
 ・環境問題に関わる研修会の実施
 ・市民立発電所の建設と運営 など
特定非営利活動法人センスオブアース・市民による自然共生バンゲア 東京都 この団体は、都会・海辺・農村・山村の地域社会において、相互交流により生まれる豊かな活力を生かし、自然再生−ビオトープ作り等、環境保全、環境観察、小中高大学及び地域の人々への環境教育、エコエリア保全による地域起こしなどにより、日常生活と自然体験の中で、地球−環境と人間−をよみがえらせることに寄与することを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・環境教育プログラムづくりのワークショップ
 ・ビオトープ保全活動
 ・地産地消推進活動
 ・自然エネルギー推進活動
 ・エコツアー事業
 ・自然観察会
 ・環境講座 など
認定特定非営利活動法人アクト川崎 神奈川県 川崎市地球温暖化防止活動推進センターの指定を受け、「CC川崎エコ会議」との連携のもとに市民・事業者・学校・行政をはじめ、環境保全に取り組んでいるNPO・諸団体との協働を図りながら、川崎市における地球温暖化防止活動を推進しています。持続的な低炭素社会の構築のため、ライフスタイル・交通・みどり・廃棄物・エネルギーをテーマとして、事業活動を推進・継続し、着実な運営を行っています。
特定非営利活動法人 神奈川県環境学習リーダー会 神奈川県 特定非営利活動法人神奈川県環境学習リーダー会(以後リーダー会)は、自分たちが住んでいる地域の環境に関心を持ち、関心を持った事を自ら学習してその成果を環境改善活動に反映したいと熱い思いを持った人たちの集まりです。
特にリーダー会は、未来を託す子ども達への環境学習に力を入れております。その中で重点的に行っている事は、子ども達に知識だけでなく、いろいろな体験を通して体で感じていただく環境体験教室を重点的に行っております。
特定非営利活動法人自然塾丹沢ドン会 神奈川県 丹沢ドン会では、毎年募集の「丹沢自然塾」の開催により、丹沢の麓と都市を結び、人海戦術で棚田の復元・米づくりに取り組んでいます。参加者は、秦野市名古木の棚田や羽根の里山で、安全・安心な食べものづくりを通して生きる源である「食」を考え、生物の多様性の保全再生を図っています。それらの活動により里地・里山を復元・保全し、伝統的な農村風景を再生し、さらに「丹沢こども自然塾」の開催により子どもの自然体験を深め、人財育成を図り、次世代へ継承する活動へ繋げていきます。
特定非営利活動法人藪会 神奈川県 藪会は緑化樹木の命を大切に思う人々の集団で、樹木自身の持つ自然回復力による樹木の樹勢回復を主眼に取り組んでいます。この樹木の持つ自然回復力を引き出すために人間はどのような手助けができるだろうか、どのような治療の方法があるだろうか、自然の回復力の活用を研究のテーマにしています。

ほかの地域を見る

甲信越

団体名 都道府県 活動内容
特定非営利活動法人 くびき里やま学校 新潟県 公共施設の維持管理を受託しながら環境保全活動をしている団体です。
環境保全活動の具体的内容は次の通りです。
@小学校の総合学習支援 昆虫や草花等、水辺の生き物観察
A各種団体の依頼により研修会や自然観察会の支援
B環境保全に関するイベントの開催により必要性を市民にアピール
C公共施設内の貴重な在来種の生育調査、保護活動
特定非営利活動法人ユー&ミーの会 新潟県 「あなたと私、環境の事はやる気になればだれでもできるんだよ」というメッセージをこめてなまえを「ユー&ミーの会」としました。そんな想いに共鳴した人たちと共に、「環境や食の事が当たり前のこととして意識される新発田」になっていったらいいなと思っております。立ち上げてから20年、私たちの挑戦はますます街を力強く照らしてゆきます。
NPO法人 八ヶ岳南麓景観を考える会 山梨県 八ヶ岳南麓の美しい景観を、世界に誇れる財産として次世代に伝えるため、地域の経済活動との共存を図り、地域の活性化に寄与することを目的に活動しています。
「景観はみんなのもの」、八ケ岳南麓らしい景観を この地に住む人々、この地を訪れる人々といっしょにこの景観を守り、育てていくと同時に、市民団体として、行政への提案・要望、行政との連携や協働作業も含め、地域から信頼される活動を目指しています。
乙女高原ファンクラブ 山梨県 乙女高原は、秩父山塊の懐にある6ヘクタールほどの草原を中心としたエリアです。古くから麓集落の草刈り場として、また、戦後はスキー場として使用するために、草刈りが継続され、森に遷移することなく、草原の姿を保ってきました。この草原には氷河期の遺存種である植物も多く、豊かな生物多様性を保っています。乙女高原ファンクラブはこの自然と、人と自然との関わりを守り・育むための活動を、行政とともに進めています。
特定非営利活動法人おおつきエコビレッジ 山梨県 先人の文化、技術を継承しつつ環境と調和の取れた地域の活性化、人づくり、ものづくりを実現させる活動、事業を行い、持続可能な循環社会の形成に寄与することを目的として活動しています。この活動の継続に賛同する人々が個々の技術や技能を提供、修得することができ、交流できる場所作りに取り組んでいます。
特定非営利活動法人 蓼科・八ヶ岳国際自然学校 長野県 蓼科・八ヶ岳国際自然学校では八ヶ岳・蓼科の恵まれた自然環境を全国に普及・発信すべく北八ヶ岳標高1800m、100haに広がる千駄刈の森を拠点に四季を通じて自然体験プログラム(【団体・一般向】オリエンテーリングやキャンプ・BBQをはじめ、木登り体験やきのこ観察など)の企画・宣伝・催行、および八ヶ岳や車山へのガイド派遣を行っています。
特定非営利活動法人やまぼうし自然学校 長野県 やまぼうし自然学校は、長野県の菅平高原に本部をおき、森と人とをつなげる活動をしています。
人が関わることで豊かになる里山と人の暮らし・・・今も昔もこれからも変わらないつながりです。
10年間の活動で、やまぼうし自然学校はたくさんの仲間に恵まれました。
仲間とともに、延べ約15万人の人たちと森での時間をともにしました。
仲間こそ、森をにぎやかにする原動力。
森とかかわるきっかけづくりをお手伝いします。

ほかの地域を見る

中部

団体名 都道府県 活動内容
NPO法人長良・自然とくらし楽校 岐阜県 1993年より活動していた市民団体「天神川を考える会」を中心に2007年に設立し、次の事業を行っています。
@環境の保全を図る活動
天神川の清掃、湿地公園の整備、生物の保護および調査
A社会教育の推進を図る活動
各種環境講座の開催
B子どもの健全育成を図る活動
年間40数回、小中学生とその親で組織する3つのエコクラブにて、自然体験学習活動の企画運営
Cまちづくりの推進を図る活動
他市民団体や各行政と協働で環境活動の実施  など
特定非営利活動法人泉京・垂井(せんと・たるい) 岐阜県 この法人は、垂井町に暮らす住民誰もが、垂井町のまちづくりに自ら参画し、行政、事業者・企業などと協働してまちづくりに関する事業を行い、「より幸福度の高いまち・垂井」を実現することを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・環境の保全・エコライフの推進
  −垂井町の水環境に関する調査
  −都市農村交流としてのエコツアーの開催
  −垂井町のごみ減量に向けた制度設計・構築
 ・まちづくりの推進
 ・生涯学習・多文化共生の推進 など
特定非営利活動法人 サンクチュアリエヌピーオー 静岡県 活動は、海岸に生息する野生動植物の保護調査活動と砂浜回復事業を実施しています。特に、絶滅が危惧されるアカウミガメ・コアジサシの保護と海岸環境調査を30年にわたり継続して実施、活動を一般公開することで、自然や命の大切さを伝える体験的感動教育も行っています。また、多くの野生生物が命を奪うゴミ問題に対処するため、1990年、「ウエルカメクリーン作戦」を提案、現在も8,000人規模で継続して実施しています。
特定非営利活動法人しずおか環境教育研究会【エコエデュ】 静岡県 当団体は、「笑顔で挑戦し続ける社会」をめざし、自然の中での教育を通して、失敗・変化の中から自分の答えを追究する人を育てることをミッションとしています。静岡県内の里山を活動の中心とし、さまざまな対象に合わせた、身近な地域での自然体験型環境教育プログラムを実施しています。
特定非営利活動法人里山会公文名ファイブ 静岡県 地域の宝、里山を子供たちへ森林を利用した健康活動を里山保全活動を日々行っています。
特定非営利活動法人 東海自然学園 愛知県 シニアを対象とした自然活動リーダー養成講座『東海シニア自然大学』を開校して今年で14年目を迎えます。1年間で30科目を学び、様々な分野から自然を知ることが出来ます。
また、卒業生は学びを活かした社会貢献活動に力を入れており、地域の里山整備活動、自然観察会、自然体験企画、環境教育事業なども10年以上の実績を持ち、年々その活動を広げています。
特定非営利活動法人 田園社会プロジェクト 愛知県 NPO法人 田園社会プロジェクトは、『日本をおいしい島に』をスローガンに掲げ、鳥山明氏原案マンガ「おいしい島のウーさま」を通じ、子供たちに農業の果たす根本で重要な役割をわかりやすく伝える広報活動を行っています。地産地消など食育・環境教育の重要性に着目し、全国の市町村様や農業団体、官公庁や企業様と協働し、様々なツールを制作しています。
特定非営利活動法人 なごや東山の森づくりの会 愛知県 なごや東山の森づくりの会の活動の三本柱と8つのテーマは次のとおりです。
●森で汗をかく! 1.雑木林の手入れ  2.湿地の再生 3.観察・調査活動
●森で学ぶ 4.里山学校 5.子どもたちの森活動 6.自然体験サポート
●森で遊ぶ 7.自然の恵みで遊ぶ 8.仲間との交流
特定非営利活動法人 環境改善推進機構 愛知県 地球環境の改善問題は、多岐に亘っており、早急な対応が、求められています。このような状況下において、私たちは、持続可能な地球環境を目指して、環境改善の実行を推進します。資源の有効利用の考えからの省エネ、及びリサイクルや廃棄物処理、温暖化防止の観点からの再生可能エネルギーの利用、そして、あなたの住環境から地域の自然環境まで、改善策を提案いたします。
特定非営利活動法人大杉谷自然学校 三重県 吉野熊野国立公園、大台ケ原・大峰山・大杉谷ユネスコエコパークに含まれる豊かな自然の中で環境教育事業を行っています。廃校になった小学校を拠点に、自然保護、自然体験活動や伝統漁法の保護継承、森林環境教育など、多岐にわたる活動で幅広い年齢層に自然の素晴らしさを伝え、失われつつある地域の知恵や技術の保存や継承を行っています。
NPO法人 みえ里山自然ふれあいの会 三重県 ・里山を中心とした自然環境の保全・整備事業
・里山に関する調査研究・情報発信事業
・里山での自然学習・交流を通じたこどもの育成支援事業
・里山保全を中心とした環境団体との交流連携事業
・里山の自然との共生によるふれあいの場の提供事業
特定非営利活動法人町屋百人衆 三重県 町屋百人衆は三重県津市栗真町屋町にある地域興し団体です。津市の北部、海岸線に近い地区の人々と、町屋海岸の「海岸清掃・保全活動」を中心とした活動をしています。地域の年齢を超えた交流による人づくりと、地球環境の保護に貢献いたします。

ほかの地域を見る

近畿・北陸

団体名 都道府県 活動内容
認定特定非営利活動法人やまんばの会 滋賀県 昔を懐かしむだけでは里山を守ることはできません。また、単にきれいに掃除するだけでは里山の保全にはつながりません。森と暮らしとの間に資源を循環させ、現代の暮らしとの関わりを新しく作り直すことで荒廃した里山は再生されるのです。私たちは「暮らしに里山を取り戻そう!」を合言葉に活動をスタートしました。やまんばの会は、あなたの希望を実現することで継続的な活動を展開し、森を再生するしくみを創ります。
山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会 滋賀県 過去約900年間薪炭林として活用されてきた二次林だが、1960年代後半以降放置され、常緑広葉樹の分布拡大やナラ枯れが進行し生物多様性が貧弱化する状況下にシカの食害が進行し益々多様性が失われてきました。この状況をかつての多様性のある森に再生するため多様な保全活動を展開しています。現在力を入れている活動は、次のとおりです。
1.湿原に分布・生息する希少種を保全するための獣害対策 2.拡大する常緑広葉樹の除伐による下層植生の再生。 3.希少種の増殖 4.薪炭林時代の人の関わりによる生物多様性の保全を実証するための皆伐更新地の植生調査
特定非営利活動法人芹川 滋賀県 「地域でできることは地域で」を合言葉に地域住民が芹川の清掃管理をしています。また、地域住民が整備した公園やトイレ、コミュニティルームの維持管理、さらに、芹川を日本水仙でいっぱいにしようと花いっぱい運動を展開しています。
「子育てを卒業した大人たちが地域の子ども達の子育てを」という事で市立の放課後児童クラブ5校の運営受託事業を行っています。
いずれにしても、活動から15年経つと地域自らが行うことで地域の活性化を肌で感じることができるようになりました。
特定非営利活動法人百菜劇場 滋賀県 私たちは、食べるひとがもっと「つくる」ことを理解する場を生み出すこと、時間をかけてつくられた食べ物をその背景から食べるひとに伝えていく活動を通じて、健康な身体、楽しい食卓、健全な地域生態環境を支える、食と農の文化を構築していきたいと考えています。
【ミッション】
●安心・安全な食のネットワークづくり
●自産自消(自分の食べるものを自分でつくる)を楽しむ人を増やすこと
●健康な身体、楽しい食卓、健全な地域生態環境を支える、食と農の文化を構築
認定特定非営利活動法人気候ネットワーク 京都府 気候ネットワークは、地球温暖化防止のために市民の立場から「提案×発信×行動」するNGO/NPOです。ひとりひとりの行動だけでなく、産業・経済、エネルギー、暮らし、地域等をふくめて社会全体を持続可能に「変える」ために、地球温暖化防止に関わる専門的な政策提言、情報発信とあわせて地域単位での地球温暖化対策モデルづくり、人材の養成・教育等に取り組んでいます。
特定非営利活動法人きょうとグリーンファンド 京都府 認定NPO法人きょうとグリーンファンドは、持続可能な社会の実現をめざし、再生可能エネルギーの地域への普及と省エネの促進に効果的な事業として、市民参加でつくる太陽光発電設備「おひさま発電所」の設置を進めてきました。2017年5月で21ヵ所の設備が稼働しています。また、市民の環境意識の変化を促す地域の活動や環境学習も、継続して行い、各施設の自主的な活動へと促していきます。
NPO法人環境情報ステーションpico 大阪府 環境のことを考え興味を持っている方々が一人でも多く行動し、環境の活動に参加してもらえるように、身近な環境問題や環境NPO、NGOの取り組みをホームページや情報誌の発行をとおして伝えています。また、セミナーや現地見学会、オーガニックな暮らし方やお店の紹介など、具体的な情報の発信や取材を通じてさまざまなグループや団体人々をネットワークしています。
特定非営利活動法人 森林ボランティア竹取物語の会 大阪府 2002年発足以来、現在60名の会員を擁しており、 週2 回の活動日には常時20名前後の参加者があります。日常的に、竹林やヒノキ林の間伐、間伐材を用いたクラフト、竹炭・竹酢液、竹紙づくりや地域のイベント参加活動をおこなっています。今後はさらに、高齢化する里山地域の間伐などの貢献活動と、活動基地の提供を受けている枚方市野外活動センターの活用拡大のための森林整備をおこなうと同時に、里山保全講座の内容を充実化し、市民や学校・企業からの里山体験受入れを積極的に推進しています。
特定非営利活動法人アマモ種子バンク 兵庫県 実感 アマモは海のゆりかごだ!・・・小型地曳網によるアマモ場の生物調査を行っています。
アマモ場で地曳網を曳くことにより、アマモ(アマモ場)が”海のゆりかご”といわれるように多くの幼稚仔魚が生息し、豊かな生態系を形成していていることを多くの方々に知って頂く啓発活動として、また、アマモ場の機能、役割を検討する調査・研究のデータの一つとして蓄積することを目的として行っています。
武庫川の治水を考える連絡協議会 兵庫県 1.毎年夏休みに小学校児童及び保護者(宝市在住者が主体)約50名を武庫川上流部の日出坂洗い堰まで引率(宝市より貸し切り観光バス利用)して、水生生物の観察会とカヌ−教室を開いています。
2.毎年秋日帰り可能な範囲内にある、水関連施設(ダム、ダム建設予定地、琵琶湖周辺の施設等)に一般成人を対象にしてバスツア−を実施し、治水、利水問題について研修の機会をつくっています。
3.隔月版で広報紙「武庫川レポート」’A4版12頁)を約1000部発行し、会員以外に県会議員等に配布しています。

以上は会の創立以来16年間継続して実施しています。
特定非営利法人コウノトリ市民研究所 兵庫県 『日本の空によみがえる』RETURN TO THE SKY OF JAPAN
種の保存と遺伝的管理・・・飼育・遺伝的管理によって、国内個体群が絶滅したコウノトリを飼育下で保存しながら、適性のある個体をリリースすることにより野外個体群を維持・成立させています。
野生化の科学と実践・・・本格的野生復帰のための短・中期計画と野生復帰の最終ゴールをまとめた「コウノトリ野生復帰グランドデザイン」に従って野生復帰を科学し実践しています。
人と自然の共生の普及啓発・・・コウノトリの郷公園では、観察会や講座の開催、自然学校の受け入れなど、公園内の川や湿地を活用した様々な学習を支援しています。
野生復帰を支える地域の取り組み・・・野生復帰のフィールドとなる地域の人々は、コウノトリと共に生きる地域づくりに取り組んでいます。
NPO法人 山野草の里づくりの会 奈良県 山野草の里づくりの会は、奈良県桜井市の東北部、大和川の本源流地域で大和高原の一角にある里山、「山野草の里」において、管理放棄された田畑や山林の整備・復旧させる保全活動を行っています。
2015年12月、環境省が選定した「生物多様性保全上の重要里地里山(全国500カ所)」に「山野草の里」が選ばれました。当会の活動も評価されており、今後も保全活動を継続していきたいと考えています。
(特)自然回復を試みる会・ビオトープ孟子 和歌山県 海南市孟子不動谷の里山保全活動(無農薬農業、水辺ビオトープ設営管理、菊炭焼き、動植物モニタリング調査)を平成10年2月の設立以来継続しています。平成22年度からは、日本ユネスコ協会主催未来遺産登録に際する未来遺産運動を継続しています。
NPO法人富山の名水を守る会 富山県 1.富山県内の名水約50か所を探訪し、「来た時よりも美しく」を合言葉に清掃活動も行います。
2.名水の簡易検査をし、必要箇所の本格検査を行い所轄管理者に報告し又ホームページに掲載します。
3.機関紙を年2回発行します。ホームページに掲載します。
4.他府県の名水探訪を行います。
5.富山の名水の案内や富山の名水の講演なども行い、富山県の名水を広く普及します。
Bamboo saves the earth 富山県 民有地を中心とした荒廃竹林を整備し、その整備で排出された竹を活用して、子供たちに竹クラフトを教えたり、竹で作ったブランコ等大型遊具を作成して地域のイベントを盛り上げたりと竹を通じて環境教育や地域活性化を図る市民活動団体です。
富山県ナチュラリスト協会 富山県 ○自然保護思想の普及や生物多様性の保全のため、次のような活動を実施しています。
・研修活動・・・ふるさとの自然、環境、歴史や文化などについての研修会の開催
・渉外活動・・・他の自然保護団体との情報交換、交流、写真展の開催
・情報活動・・・自然に関する情報の収集、記録、発信、機関紙の発行(年4回)、ホームページの運営
・普及活動・・・一般の方々を対象とした自然観察会や講演会を通じて自然に親しみ、学び、自然環境について普及、啓発活動の実施、全国一斉自然観察会、季節に応じた自然観察会の開催
その他、立山室堂、弥陀ヶ原地域等で外来植物除去活動の実施をしています。
クリーンビーチ石川実行委員会 石川県 石川の海岸線583キロをきれいにする海岸愛護運動「クリーン・ビーチいしかわ」は、身近な環境ボランティアとして1995年から展開されました。
・美しい石川の渚を取り戻し、白砂青松をよみがえらせる基盤づくり
・野鳥や海の生き物を深刻な被害から守る海の環境・ルールづくり
・沿岸漁業資源の回復に良好な豊かな海づくり 
・森林、河川を守る基盤づくり  が目標です。
当初は海に面した8市17町でスタートしましたが、2年目の96年からは41全市町村(当時)参加の「県民運動」になり現在に至っています。
特定非営利活動法人河北潟湖沼研究所 石川県 河北潟湖沼研究所は、地域に根ざした研究機関として、地域の経済的、社会的、文化的発展に役立
地域の生物多様性を守り、地域振興につながる活動を、科学的な見地から提案・実践します。
自然環境調査や、自然環境保全計画の策定、ビオトープの設計・管理、地域協働の取り組み、自然観察会の開催など、さまざまなニーズにお応えします。
特定非営利活動法人角間里山みらい 石川県 当法人は、企業、NPO、大学、行政、地域住民等の地域の多様な主体が連携して取り組む里山の保全・活用事業や人材育成事業をとおして、未来につなぐ新しい里山活用モデルの創出を図り、持続可能な地域社会の形成に寄与することを目指し、特定非営利活動法人として設立しました。
取り組みにおいては、とくに里山整備におけるCSR(企業の社会的責任)に基づく活動の導入など、新しいしくみを積極的に組み込むことで、全国でも先進的な「地域の多様な主体が連携したパートナーシップ型の里山活用モデル」の創出を目指します。
特定非営利活動法人エコプランふくい 福井県 この法人は、環境に主体的に関わる市民とともに、環境教育、自然環境の保全や地域に於ける環境負荷低減のための調査研究および実践普及、情報提供等を行い、もって環境の保全、生物多様性の維持および循環型社会形成に寄与することを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・アルミ付紙リサイクル
 ・エコアクション21
 ・市民共同発電所・節電所のファンド運営
 ・太陽光発電、太陽熱温水器の普及啓発
 ・環境教育事業
 ・情報提供事業 など

ほかの地域を見る

中国・四国

団体名 都道府県 活動内容
特定非営利活動法人 おかやまエネルギーの未来を考える会 岡山県 地球温暖化を防止し、持続可能な未来を子どもたちに手渡すため、公共施設への市民共同発電所の設置をはじめとした自然エネルギーの導入拡大に努めるとともに、地域でエネルギー自給を進めることの大切さ、可能性を広く知ってもらうため、学校への出前授業・公民館講座、イベント出展、エコツアーの実施などに取り組んでいます。
特定非営利活動法人フォレスト フォー ピープル岡山 岡山県 人・自然・社会の関係性を大切に考え、それらをつなぐ人づくり活動に取り組んでいます。
ただ伝えるのではなく、地域の伝統的な生活文化や豊かな自然を活かした体験的な学びや環境教育を通して、体験を通じた活動を重視した取り組みを大切に、≪実物(本物)を実際に見て、触って、五感をつかって感じることの大切さ≫≪幼児〜中高年まで、対象者に合わせ、体系的なプログラムの提供≫≪自然との共生〜森づくり・そして森林の利活用〜≫≪次世代への継承≫をキーフレーズに地域資源と関連団体との連携による持続可能な地域づくりに向けた活動を展開しています。
グリーンパートナーおかやま 岡山県 美しい瀬戸内海の海底には、私たちの生活環境から排出されたと思われる、推計13000トンの海底ごみが堆積しています。
私たちは、漁業関係者と連携し、底引網体験学習「海底探検隊」を通じて、ゴミを「見える化」するとともに、多くの住民に海ごみ問題を考えてもらう機会を提供してきました。
行政を含む幅広い皆様と協力しながら、山から川、海をつなぎ、環境保全意識の向上をめざして啓発活動に取り組んでいます。
NPO法人もりメイト倶楽部Hiroshima 広島県 森の再生と自然保護を目的に高いレベルの林業技術の向上を図り、市民の森づくりの先駆的活動を展開しています。1997年森林ボランティアリーダー養成講座で森林整備のノウハウを学んだ第1期修了生が中心になり設立され、現在会員数約200名の広島県下最大級の森林ボランティア団体です。地域支援活動の例会と間伐、里山、クラフト、環境教育研究部会の4つの部会が各フィールドで活発に活動しています。
特定非営利活動法人グリーンラインを愛する会 広島県 本会は県道251号線(通称グリーンライン)と、その沿線の環境の保全や改善に取り組み、あわせて地域の活性化を目指して、行政・企業・各種団体・地域住民など多様な主体との協働連携により、この目的を果たすために活動しています。
ふるさと里山救援隊 山口県 周防大島に住む人及び都市部の人に対して周防大島の里山再生及び竹林を中心とした里山再生による情報発信及び意識啓発に関する諸事業を行い、自然環境を守りながら住民・団体ネットワーク構築などを図り、故郷の地域活性化に寄与するための活動を実施しています。
マロニエの森の会 山口県 本会は、荒れた里山を再生するために平成8年より活動している「森林ボランティア」団体です。平成14年までは、山口市宮野「木戸山公園」の荒れた場所を手入れして、広葉樹の植林、下草刈り等を行ってきました。平成15年からは、荒廃した田畑や山の管理を依頼され、活動拠点(宮野岩杖「森の夢」)としています。自然体験施設(元鶏舎)、裏山に散策道・100年の森、川沿い・山手に70本の枝垂れ桜を植える等、環境整備を進めています。また、気軽に自然に親しめるように、一般参加できる行事も行っています。
NPO法人八東川清流クラブ 鳥取県 八東川(鳥取県東部で日本海に注ぐ千代川の支流)は、近年、ごみが捨てられ、魚は激減、河川敷には草が生い茂り、川面に近づけなくなるとともに水質汚染も懸念されています。そこで、幅広い地域住民の参加を得て、@きれいで安全な水の確保A魚など水生生物が豊かに住める環境の確保B人の心に潤いをもたらす河川の景観や憩いに場づくりの実現のための活動を実施しています。
NPO法人緑と水の連絡会議 島根県 島根県大田市を本拠地として国立公園三瓶山の草原保全や、石見銀山の森林景観保全、静間川の水生生物保全など地域の環境を守る活動を市民ボランティアや子どもたちと展開しています。活動報告は年中無休1日2回更新のブログでリアルタイムで報告しています。
特定非営利活動法人もりふれ倶楽部 島根県 1.森林・里山環境保全の大切さの普及啓発活動〜里山自然塾(年11回実施)その他自然工作、自然体験活動を通した年間40校程度の小・中・高等学校への出前講座を含む普及啓発活動を年間70〜100回実施しています。里山自然塾の10年以上の実施が評価され、平成27年度に島根県知事より感謝状をいただきました。2.森林ボランティア活動を行っています。(年間3haの森林保全作業の実施) 3.里山生活者支援を行っています。(農村へのTターン者・自伐森林所有者の支援)2010年度全国林業グループコンクール林野庁長官賞を受賞しました。
土佐の森・救援隊 高知県 @.森林整備活動や林地残材(間伐材など)の集積・搬出・運搬活動による木質資源の産業利用促進及び軽雇用の場の創設・確保
A.森林環境保全にかかる研修会・講習会などの開催
B.木材加工とウッディ・フェアなど都市部・山村地域の交流イベントの開催
C.木質バイオマス(林地残材)地域循環システムの運営
D.森林証券(地域通貨券)の発行による森林環境保全直接支払い制度の運用
E.中山間地域高齢者福祉活動(薪宅配及び御用聞きボランティア活動)
F.「土佐の森方式及び自伐型林業」全国展開
G.東北就労支援。大槌町、陸前高田市、気仙沼市、石巻市など沿岸域において、自伐型林業を軸とする雇用創造(就労支援)活動
認定特定非営利活動法人 四国自然史科学研究センター 高知県 私たちは四国全域を対象として、絶滅の危機にあるツキノワグマや、特定外来生物であるソウシチョウなど、さまざまな野生生物の調査研究活動を展開し、得られた結果を基に、人と生き物との共存方法を模索しています。
シクロツーリズム しまなみ 愛媛県 海峡をまたぐ自転車道「しまなみ海道」の認知度向上を目指し、地域住民参画型の観光・交流まちづくりを進めています。安全・安心な自転車旅行地をつくるためにガイドツアー、休憩所の整備、公共交通の利活用等を推進しています。昨今は環境に優しく、健康に効用があるサイクリングを暮らしに取り入れる市民啓発に精力的に取り組んでいます。
能島の里 愛媛県 激しい潮流が美しく、海賊の歴史が色濃く残る瀬戸内の風景を、そのまま美術館として捉えようという「潮流美術館」構想の実現を目指しながら、今治大島やしまなみ地域の活性化を目的とした町おこし活動を行っています。
NPOグリーンコンシューマー高松 香川県 NPOグリーンコンシューマー高松は、「もったいない」を形にします。
グリコン高松(愛称)は循環型地域社会を目指して、身近な環境問題に取り組んでいます。
1 割り箸リサイクル活動:使用済み割り箸回収BOX設置、分別指導
2 環境教育:「3R・ごみ」、「WET・水循環」、「省エネ」、「和紙工作」等の学習講座
3 森林づくり活動:里山の保全活動、森林環境教育
4 普及活動:グリーンコンシューマー、地球温暖化防止等の普及・啓発
こにふぁくらぶ 香川県 1996年に香川県林務課の呼掛けに集まった森林ボランティア志願者のうち、「人工林整備を重要である」と考える者が集まり、2007年にNPO法人として認可されました。チェンソーを使った間伐、枝打ち梯子を使用しての枝打ちなど人工林整備を実施しています。また、発足時より切り捨て間伐を実施していましたが、2008年より香川県みどり整備課の研修を受け搬出間伐に大きく軌道変更し、今後も材を搬出し有効利用につながる搬出間伐を実施する予定です。
特定非営利活動法人 徳島共生塾一歩会 徳島県 身近な環境の美化活動を行っています。
身近な環境―道・川・公園・海岸等は汚れることなくいつもきれいでありたいものです。きれいな環境はそこに住む人の心も和らげます。私達は“身近な環境を美しく”を合言葉に様々な環境保護活動に取り組みます。

ほかの地域を見る

九州・沖縄

団体名 都道府県 活動内容
和白干潟を守る会 福岡県 1.和白干潟の自然観察会のお世話
2.毎月1回、和白干潟のクリーン作戦と自然観察・水質調査・砂質調査
3.野鳥に関する調査に協力して「シギ・チドリ調査」「水鳥調査」、ゴミ内容調査を実施
4.年1回和白干潟まつりの開催
5.博多湾・和白干潟がラムサール条約の登録湿地となるように環境省や福岡市への働きかけ
6.和白干潟通信やリーフレットの発行 など。
特定非営利活動法人山村塾 福岡県 山村塾は、都市と農山村の住民が一緒になって、棚田での米づくりや山の手入れに汗を流し、山村の自然環境を守っていくことを目指しています。棚田での無農薬の米づくりに取り組む稲作コース、いろいろな生き物が住む森づくりを行う山林コースを中心に、週末は多くの人が集います。このほか、年間を通じて合宿型国際ボランティアに取り組み、2016年度は年間200日間、国内外からのボランティア55名が活動しました。
特定非営利活動法人唐津環境防災推進機構KANNE 佐賀県 佐賀県唐津市の豊かな自然と人々の暮らしの共生を目的に活動をしています。
現在、地域の宝である特別名勝の虹の松原で「白砂青松の環境を取り戻し、美しい景色を後世に引き継ぎたい!」との思いで、市民、行政(市・県・国)、企業など多様な主体と連携をし、松原の保全を促進するとともに、集められる松葉などを燃料や肥料など様々な利活用を進めたり、出前学習や現地案内などの普及啓発活動を行っています。
特定非営利活動法人 伊万里湾小型船安全協会 佐賀県 伊万里湾の環境保全と、伊万里湾海域でレジャーとして運航する全ての小型船舶に対して安全運航の指導及び水難救済活動に関する事業を行い、小型船舶の利用者及び地域社会に貢献することを目的に活動を行っています。
特定非営利活動法人 させぼ市民環境サポートセンター 長崎県 佐世保市において、環境保全活動に取り組む各主体の諸活動の支援を行い、地域住民の環境意識の啓発及び環境保全活動の促進並びに未来を担う子どもたちへの環境教育の推進を図り、地球・地域の環境保全に寄与することを目的として活動しています。
NPO法人きらり水源村 熊本県 NPO法人きらり水源村は、中学校の廃校をきっかけに校区住民がNPOを立ち上げ、その廃校を活用している全国的にも稀有な法人です。廃校施設の木造校舎は「きくちふるさと水源交流館として生まれ変わり、そこを拠点として都市農村の交流、子どもの体験活動、農業の振興、そして環境保全などの活動を通した「地域づくり」を目的に活動を行っています。
特定非営利活動法人 天明水の会 熊本県 天明水の会の活動は、県内外の他河川団体や諸団体とも交流を重ね、初期の目的(水を通した環境保全活動)の達成を図るとともに、国土交通省、農水省、森林管理局、県や市などの行政とも連携をとっています。また、会員のみならず、自治会や多くの小・中・高校生徒や一般の人々や企業からのボランティア活動への参加体制があります。
特定非営利活動法人 水辺に遊ぶ会 大分県 「子どもが元気、生きもの元気、漁師さんも元気な中津干潟を100年後も!」
瀬戸内海最大の中津干潟と、中津市内の水辺環境の保全を目的に1999年に活動を始めました。私たちのフィールドには、カブトガニやアオギス、ベッコウトンボなど、日本各地で姿を消しつつある生物を今もたくさん見ることができます。これらの生物と生息環境を未来の子どもたちに残すため、啓発活動と調査研究活動を中心に様々な活動を展開しています。
特定非営利活動法人碧い海の会 大分県  NPO法人 碧い海の会は、地球の自然環境を次世代に引き継ぐため、「よい水、よい空気を作ろう!〜日本国中里山〜」を合言葉に大分市近郊の森林整備をしています。また、環境教育、障害者の自立支援、地域社会の活性化などの諸問題についても積極的に取り組んでいます。
みやざきエコの会 宮崎県 ・宮崎県環境情報センターの受託運営を中心とした環境保全活動
・平成22年度から宮崎市5R事業受託
・ごみ減量とリサイクルのための調査研究 実践及び提言
・環境都市つくりに関する調査研究 実践及び提言
宮崎グリーンヘルパーの会 宮崎県 ・自然保護活動を目的とした団体です。平成13年10月に設立しました。主な活動は宮崎県内での希少植物保護活動、育樹活動、自然環境教育、植物観察会、海岸清掃活動などです。
プロジェクト南からの潮流 鹿児島県 @市民ふれあいギャラリー
市役所ロビーにて,20年余,書・墨絵・写真・絵画等の展示を企画・運営
A竹田神社周辺活性化事業
旧鰺坂正一郎邸管理業務・いろは歌ふれあい散策フェスタ(灯篭まつり)・歳の市の街歩き等企画・運営
B南さつま市金峰町長谷地区(限界集落)での高齢者助け合い事業
10年前より週1回(水曜日)高齢者サロン(長谷おしゃべりクラブ)を行い,笑い声が稚児の滝に響いている。6年前より買物支援も行っています。
C南さつま市金峰町大坂地区活性化事業
「買物をする所がない」という地元の人にアンケートを取った結果,「大坂ふれあい館」という物産館事業を6年前に始めました。地域の人々の野菜・みかん・山菜・タケノコ等々を中心に販売を行っています。
D吹上浜砂の祭典のイベントを通しての人材育成
特定非営利活動法人くすの木自然館 鹿児島県 「人も生き物も無理なく共生できる持続可能な未来」を作るために、環境教育を手法として活動するNPO法人です。自然の中で思いっきり遊ぶことで、その場所の事を好きになってもらい、好きな場所だから守りたいとおもえる活動を行っています。小学校などへの出前授業や、エコツアーをはじめ、専門的な野生生物の生息調査も行っています(干潟や河川の底生生物、野鳥など)。
また、鹿児島県の姶良市にある重富海岸の保全再生を十数年前からおこなっており、5年前には、重富海岸は「霧島錦江湾国立公園」の園地の一つに組み込まれました。現在では、重富海岸にあります環境省の国立公園展示施設「重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム」の委託管理も行っております。
特定非営利活動法人夏花(なっぱな) 沖縄県 この団体は、石垣島白保集落に訪れる人々や地域の子供たちに対して、自然、文化体験や伝統的な自然資源の利用の知恵や技を伝える事業を行うことで、郷土の文化や集落景観、農地、自然環境、人間関係などの白保らしさを維持・継承するとともに、地域産業の活性化を図り、安心して暮らし続けることの出来る村づくりを、地域住民の手によって進めることを目的として、主に次の事業を行っています。
 ・サンゴ礁保全
 ・農業体験やホームステイなどの交流事業
 ・農業・水産業の活性化
 ・白保集落の有形・無形の文化財の保全と活用

ほかの地域を見る

ページトップへ戻る
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 Copyright(C)2010. Aioi Nissay Dowa Insurance Co.,Ltd. All Rights Reserved.